意識の高い公務員のブログ

政令市で働く地方公務員のブログ(出向は役所のみ)。自治体職員にも民間の経営感覚が必要とされています。

空き家バンクと立地適正化

国交省が空き家バンクの統合(同一化)を目指している。今は各自治体が好きなようにやっているバンクを、国交省が一纏めにするらしい。得するのは一体、誰だろうか。

それはそうと、空き家バンクの物件を見ていると、駅から車で数十分もかかるような場所のものが多い。田舎暮らしをしたい人向けには良い物件なのかもしれないが、、、

立地適正化計画を作っているにも係わらず空き家バンクを使って、居住誘導区域外に移住を勧めるのはいかがなものか。

そもそも立地適正化計画は市街化調整区域内の既存建物のことを一切考えていない。調整区域は居住誘導区域に指定できないのだ。というわけで、バンクに調整区域の物件を登録して移住を呼び込むのは立地適正化計画に矛盾している。

居住誘導区域内の物件をバンク登録し、移住を推進している場合は、立地適正化計画に適合していると判断して良いでしょう。