読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意識の高い公務員のブログ

政令市で働く地方公務員のブログ(出向は役所のみ)。自治体職員にも民間の経営感覚が必要とされています。

発想法について

佐賀県が海苔で名刺を作ったらしい。

食べる名刺とでも言ったところか。

面白い発想。アイデアはどんどん出して、お金がかからないのであれば実行していくべきだと思う。これが正しいPDCAだろう。

 

イデアを出すときには当然、発想が必要になる。

発想というのはパッと思い浮かぶこともあるが、頭の中で考える場合、どういう風に考えるかは人それぞれだと思う。

ので、有効な発想法を2つ紹介。

 

①逆に考える。

②既存のものを組み合わせる。

 

①について、これは簡単で、例えば「○○の啓発イベントをやりたいんだけど、若者が中々こない」という悩みを抱えている場合。

こういう場合、普通の職場では以下のような議論になることが多い。

「若者ってSNSやってるよね。SNSで宣伝しよう」

「若者が行きそうな居酒屋にチラシを置いてもらおう。」

正直、これでは来ない。なので逆に考える

若者が来るイベントで、○○の啓発をやる。

その若者が来るイベントってのは自治体によって異なると思う。

そこで、②の既存のものを組み合わせるを使う。

既存の若者向けイベントで啓発事業をやるとか。

当たり前だが、例えばステージのあるイベントなんかにその啓発事業をぶち込んで、啓発事業用のブースやステージを設置しても若者は来ません。メインステージなりブースに行きます。工夫しましょう(スタンプラリーにするとか)。