読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意識の高い公務員のブログ

政令市で働く地方公務員のブログ(出向は役所のみ)。自治体職員にも民間の経営感覚が必要とされています。

年が明けて

あけましておめでとうございます。

このようなショボいブログですがご覧いただいている方々に感謝です。

 

元日は実家に帰っていました。去年帰っていないので。

で、祖母宅に行き、ご先祖様の遺品を見ていたのですが…

 

安政時代に書かれた歌(曾祖父の曾祖父が書いた?)

明治時代の地券

支那事変(日中戦争)の写真や記念品

日清戦争の記念品

等がありました。

まぁこういうのはどこの家(本家)にもあると思います。

日本史の勉強をするなら、こういう実物を見るのは重要だと思います。

地券なら、特に田舎に実家がある人ならば、お爺さんやお婆さんが取っているかもしれません。日本史の授業で地租改正というのを学びます。

でも、中学生や高校生に地租というのは馴染みづらい。大人になれば、「固定資産税」と言えば誰だってわかるでしょう。でも子供になじみのある税金は消費税くらいで、むしろ消費税を”税金”として認識していないかもしれない。

そんな時に地券という実物を見せれば、興味が湧くかもしれない。蛇足ですが、元々地券は税金を取るために使用していましたが、時代の変化により「税金を取る部門(税務署)」と「土地の所有者を把握する部門(法務局)」に変わっていったのですね。

 

戦争の記念品にしてもそうですね。

最近の戦争教育と言えば「戦争は悲しい、悲劇だ、だから二度としてはいけない」という教育ばかり。

この教育は間違ってはいない。しかし同じ教育ばかりでいいのだろうか。

当時は志願兵もいた。戦争に行くことが嫌な人もいれば、進んで行った人もいる。そんな時代だ。

そして、戦争から帰ってきたら役所や国から記念品が与えられた(杯だったり債券だったり)。

私の曾祖父は支那事変(日中戦争)で支那に行った時、杭州等いろんな場所で写真を撮ったようで、その時の写真がコメント付きで残っていた。

今の世代が仮に戦争に行ったとしたら、「第1戦線なう。敵が近いなう」とか言って写真付きでSNSに投稿したりするのだろうか。

そういえばアラブの春SNSで拡散したのだったな…。

 

いろんな角度から物事を見たいものだ。