読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意識の高い公務員のブログ

政令市で働く地方公務員のブログ(出向は役所のみ)。自治体職員にも民間の経営感覚が必要とされています。

公務員のPEST分析

PESTはペストと読む。同名の病原菌が現代日本では流行しないのと同様に、公務員の世界でも流行しないフレームワーク

 

1 PESTとは

 まずはイニシャルの説明をする。

P:政治的要因(Politics)

E:経済的要因(Economy)

S:社会的要因(Society)

T:技術的要因(Technology)

具体的にPは法律とか制度のことであるが、その他政治的な理由も含む。Eはそのまま。Sは人々の考えのことである。「田舎に住みたい」「○○教が流行っている」「夜型人間が増えている」等。Tは様々な技術の革新。自動化とか。

 

2 公務員世界での使い方

 Pに関して、都市政策で言えば最近では空き家特別措置法とかコンパクトシティ等が挙げられる。こういうのは国が交付金を付けるために各自治体に、それらに関した計画を作れと指示をするので、分析するまでもなくルーティンと化している。それよりも自治体の場合、首長の政治的な都合の方が大きい。何かしようと思っても政治的都合でダメとなってしまうのである。悲しい。